【名護】沖縄防衛局の名護市辺野古沿岸での新基地建設に向けた海底ボーリング調査は16日午前10時20分現在、スパット台船2基が海中にくいを差し込み、ボーリング調査を継続している。

253日目の座り込みに参加する人たち=16日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 新基地建設に反対する市民が乗ったカヌーは、抗議行動のため作業現場の周辺で待機。米軍キャンプ・シュワブゲート前で抗議する市民は、海上の作業現場が見渡せる第3ゲートに移動し、抗議集会を開く。