バスケットボール男子の国際強化試合は29日、東京・青山学院記念館で第1戦が行われ、世界ランキング48位の日本代表は同26位のウルグアイ代表に69―79で敗れ、アルゼンチン出身のラマス新監督就任後の初戦を白星で飾れなかった。

 日本―ウルグアイ 選手に指示を出すラマス新監督=青山学院記念館

 日本は立ち上がりに連係ミスが目立ち、第1クオーターで14―25と大きく先行された。第2クオーターは比江島(三河)や古川(琉球)を中心に反撃して38―40に詰め寄ったが、後半に点差を広げられた。

 30日も同会場でウルグアイと戦い、8月8日開幕のアジア・カップ(レバノン)に備える。(共同通信)