サッカーの明治安田生命J3が15日、各地で開幕した。昨季12チーム中9位のFC琉球は、県総合運動公園陸上競技場で昨季最下位のYSCC横浜に0-1で敗れた。

FC琉球-YSCC横浜 後半、クロスに頭を合わせる琉球の松尾昇悟(右)=県総合運動公園陸上競技場(伊藤桃子撮影)

 前半は、両チームともに攻め手を欠いて無得点。後半風下の琉球は、11分に自陣ゴール前の混戦からYS横浜のMF吉田明生にゴールを奪われ、先制を許した。

 反撃を試みる琉球は、失点後の後半22分に藤澤典隆、富樫佑太の両MFを投入。さらに25分にFW才藤龍治、45分にもDF川邊裕紀を相次いでピッチに送り込んだが得点を奪えず、開幕戦を落とした。

 次戦は22日、静岡県藤枝総合サッカー場で、昨季11位の藤枝MYFCと対戦する。(観客数2646人)