プロバスケットボールTKbjリーグ西地区2位の琉球ゴールデンキングスは15日、宜野湾市立体育館で同地区9位の高松ファイブアローズと第42戦を行い、67-55で勝利した。キングスは2連勝で通算成績は35勝7敗。

キングス-高松 第2Q,キングスの津山尚大がディフェンスをかわして31点目のシュートを決める=宜野湾市立体育館(松田興平撮影)

 第3Qを22-9と、一気に差を広げたキングスが悪い流れを断ち切った。前半は守備こそ機能したが、攻撃が波に乗らずに苦しみ、第1Qは15-15。それでも、小菅直人のカウントワンスローを決める3点プレーや、岸本隆一の3点弾、並里成とアンソニー・マクヘンリーも粘り強くシュートを決め、津山尚大の2点弾で31-30と逆転して第2Qを終えた。

 第3Q、津山尚大を皮切りに岸本隆一、山内盛久の3人が連続で3点弾を沈めると、キブエ・トリムがダンクで続くなど一気に流れを引き寄せ53-39。第4Qはファウルゲームに持ち込んだ高松を振り切った。

 次戦は21、22の両日、大分ヒートデビルズとアウェー2連戦を行う。(観客数3214人)