沖縄県石垣市出身でISKA世界ライトミドル級チャンピオンのキックボクサー廣虎(本名・根間裕人)さん(33)=写真=が21日、市内で現役引退報告会を開き「自分一人ではここまで挑戦できなかった。応援してくれた仲間や皆さんに感謝の気持ちでいっぱい」と語った。

引退報告会で感謝の思いを語るキックボクサーの廣虎さん=21日、石垣市内

 念願の世界タイトル奪取後、年齢的な面などを考えて引退を決めた。最後となった今年6月の公式戦は最年長出場で「ここにいるべきではない」とも感じたという。16日に沖縄市内で引退セレモニーを終えた。廣虎さんは4度目の世界タイトル挑戦となった昨年11月に悲願を達成。これまで国内外7タイトルを獲得した。生涯成績は45戦25勝(16KO)19敗1分け。