沖縄県立開邦高校(上原昇校長)で27日、新聞出前講座があり、1年生約200人が「切り抜き新聞」に挑戦した。同校の総合学習の一環で、生徒は9月のインターンシップ後に取り組む新聞作りの事前学習として、記事の特徴やレイアウトの効果などについて学んだ。

テーマごとに切り抜く記事を決め、意見交換する生徒=27日、南風原町・開邦高校

テーマごとに切り抜く記事を決め、意見交換する生徒=27日、南風原町・開邦高校

 沖縄タイムスNIE事業推進室の安里努記者が紙面の1面を紹介しながら、ニュースの大きさやなぜ取り上げるのか背景などを説明。「見出しとリード文を読めば、記事の要点がわかる」とアドバイスした。生徒は配られた27日付の沖縄タイムスをめくり、見出しだけで1面から順に全ページに目を通す作業にチャレンジした。

 紙面の全ページを読む作業を終えた後、生徒はグループごとに「勇気」「夢」「絆」「安心」などのテーマで記事を切り抜き、グループで紙面を制作した。最後に各クラスの代表が切り抜き新聞を発表した。

 授業を終え、知念杏奈さん(15)は「いろんな記事があって、身近なことについてあまり知らないことがわかった」と感想を話した。

 同校進路指導部で国語を教える仲里ちひろ教諭は「小論文に取り組む際にも、新聞を読む力が必要。まずは興味を持ってほしい」と話した。