外国籍選手の数的不利を、日本人選手がしっかりとカバーした。 主力のドゥレイロン・バーンズを欠きながらも、小菅直人、金城茂之らが激しい守備で食い止めると、津山尚大、岸本隆一、山内盛久らがビッグショットで嫌な空気を一変させた。伊佐勉ヘッドコーチ(HC)は「日本人選手が穴を埋めてくれるのは想定内。