9秒でまるわかり!

  • 企業の選考活動解禁が夏場に移ったことで、新コーナーを設置
  • 夏にスーツでの活動は酷と、会社訪問や説明会での着用を提案
  • 白や淡い青を基調にシンプルで清潔感あるデザインをそろえた

 リウボウインダストリー(糸数剛社長)が今月から学生が就職活動で着用するかりゆしウェアの普及を目指し、デパートリウボウに「かりゆしリクルート」の特設コーナーを設置する。就職活動はスーツ姿が定番だが、面接など企業の選考活動の解禁が今年から夏場に移ったことなどから、沖縄の定番夏服で商機をつかむ考えだ。

かりゆしリクルートをPRするリウボウインダストリーの久場長和氏(右)ら=16日、沖縄タイムス社

 同社紳士・子供服課の久場長和氏が16日、沖縄タイムス社を訪れ、リクルート服としてかりゆしウエアを普及する取り組みをPR。就職活動期の移動のほか、「暑い中スーツを着て活動する学生は酷だ」と指摘、同ウエアが夏場に普及する県内企業の説明会や会社訪問などで着用するよう提案した。

 特設コーナーでは柄の大きさやカラフルさを抑え、白や淡いブルーを基調としたシンプルで清潔感のあるウエアをリクルート服として提案。「ジャケットを羽織ればシャツ同様に着こなせる」ほか、企業採用後、社会人としても着用できるなどをアピールする考えで、「定着すれば広がる可能性は十分にある」(久場氏)と期待している。