49の郷友会で組織し、ハワイで活動する「ハワイ沖縄連合会」の比嘉マーク英幸会長(41)らが16日、沖縄タイムス社を訪れ、新たな拠点となる商業ビル「ハワイ沖縄プラザ」の建設に向けた募金に協力を呼び掛けた。2016年までに、県内で約1億円を集めるのが目標という。

ハワイ沖縄プラザの建設に向けた募金を呼び掛けるハワイ沖縄連合会の比嘉マーク英幸会長(左から4人目)ら=16日、沖縄タイムス社

 県系3世の比嘉会長は“染(すみてぃ)”をテーマに活動。「先祖が私たちの胸に残してくれた沖縄文化を次世代に染めていくための大切なプロジェクト。沖縄の皆さんに募金の協力をお願いしたい」と訴えた。

 プラザはホノルル市にあるハワイ沖縄センター(県人会館)の隣接地に建設する計画。着工は今夏を目指す。総工費約5億円のうち約1億円を県内で、残りをハワイで寄付金を募る予定。

 募金に関する問い合わせは「ハワイ沖縄プラザ建設募金推進本部」、電話098(887)0116。