「新たな訴訟に関する見解ですか? 声明を用意してあるのですぐ送ります」 県が辺野古での工事差し止めを求める訴訟を那覇地裁に起こした24日、米国務省当局者に電話で見解を求めると、数秒後に書面が送られてきた。それは過去に見慣れた文面だった。