琉球大学物質地球科学科の中村衛准教授らのグループは、揺れの周期が1分程度と長く人間の感覚では分からない「超低周波地震」について、琉球海溝付近の分布を突き止めた。この結果、過去に巨大津波が度々襲来した石垣島や宮古島周辺では超低周波地震の発生が少ないことが分かった。二つのプレートが広範囲に固着して超低周波地震が起きにくく、プレートのゆがみを解放する機会が少ないためとみられる。

 中村氏は「琉球海溝周辺のプレートの固着具合を解明する手掛かりになる」と話している。

 研究成果は米国地球物理学連合発行の学会誌「ジオフィジカル・リサーチ・レターズ」の電子版(2月24日付)に掲載された。

 琉球海溝ではユーラシアプレートにフィリピン海プレートが沈み込み、そのゆがみが地震の原因となっている。

 中村氏らのグループは、九州や沖縄、台湾などに設置されている地震観測機器のデータを基に、2002年から13年に掛けて発生した震源の浅い6600余の超低周波地震の分布をまとめた。

 沖縄本島から奄美大島にかけては超低周波地震が多く発生している。この地域に巨大津波の襲来が見られないのは、プレートの固着具合がまだら模様で弱く、超低周波地震が頻繁に起きることでゆがみが解放されやすいためと考えられるという。

 [ことば]超低周波地震 地下で断層が破壊されると、そこから地震波が広がっていく。揺れの周期がおおむね1秒より短いと、人間は敏感に察知でき、通常の地震はこうした短い周期の波を多く含む。一方、超低周波地震は断層の破壊が非常にゆっくりと進むため、周期が1分程度と長く、揺れはまったく感じない。こうした「ゆっくり地震」は巨大地震の発生地域の周辺で起きることが多く、関連が注目されている。