障がい者の就労を支援する県内の「就労移行支援」「就労継続支援A型」「就労継続支援B型」の事業所数合計が7月現在491施設となり、2011年度末から5年余りで約3倍に急増していることが分かった。