【名護】名護市辺野古への新基地建設に反対する市民らは、18日午前も米軍キャンプ・シュワブゲート前で抗議を続けている。

米軍キャンプ・シュワブゲート前に座り込んで抗議する市民ら=18日午前8時17分、名護市辺野古

 同日午前7時半から約1時間、市民らが海上保安庁職員を乗せたとみられる車両を止めたり、ゲート前に座り込むなどの抗議行動を展開。排除する機動隊員ともみ合いになり、現場は一時騒然となった。午前9時半ごろには沖縄総合事務局北部国道事務所の職員が「テント等設置禁止」と書かれた看板を新たに二つ設置し、計七つになった。

 辺野古沖では、海底ボーリング用のくいを海中に降ろしたままのスパット台船2基に作業員の姿は確認できない。波が高いため、作業を見合わせているとみられる。