認知症の人が地域で安心して暮らしていくには、どのような役割分担やネットワークづくりが必要か。家族の負担を軽くしていくため、地域でできることは何か。 認知症を巡るこうした問いの切実さは、高齢化が進むほどに、増すばかりである。