9秒でまるわかり!

  • USJのガンペルCEOが新テーマパークの沖縄での建設を表明
  • CEO「テーマは映画やテレビ番組ではない、沖縄に合うもの」
  • 場所は名護市と本部町が有力。TDLや大阪USJより規模は小さい

 大阪市の米映画テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の運営会社のグレン・ガンペル最高経営責任者(CEO)は18日、新たなテーマパークを沖縄県内で建設する方針を明らかにした。具体的な場所や時期は示さなかったが、名護市の動植物公園ネオパークオキナワを含む周辺地域と本部町の一部で同時に展開する案が有力だ。翁長雄志知事や名護市なども観光や地域活性を理由にCEOの進出意向を歓迎している。

今後の事業展開について話す、USJ運営会社のグレン・ガンペルCEO=18日午後、大阪市

 大阪市で報道陣の取材に応じたガンペルCEOは「映画やテレビ番組をテーマにしたパークではない。沖縄の場所に合うものを造る」と説明したが、具体的な内容については言及しなかった。

 新パークの規模は「東京ディズニーランド(TDL)や大阪USJは下回るが大規模になる。大阪以外でも(事業を)大きく成長させたい」と意気込みを語った。

 一方で「あくまで初期計画の段階。(新パークの計画が)うまくいくかは分からない」とも話した。

 USJの運営会社はこれまで、九州・沖縄やアジアを新パークの候補地として検討を進めてきた。ガンペルCEOは以前の共同通信のインタビューで「国内外の複数と交渉中。沖縄県名護市はその一つ」と述べていた。

 運営会社幹部は昨年9月に当時の仲井真弘多知事、翁長雄志那覇市長と面談した際に名護市と本部町で新施設を2018年度に同時展開する構想を示している。同社広報は現時点も「県内で調査を継続している」としている。

 建設に伴う資金調達のため、東京証券取引所第1部に株式を再上場させるとの見方もあるが、ガンペルCEOは「固まっていない」と述べるにとどめた。

 ユニバーサル・スタジオは米国が本家で、アジアにはシンガポールにある。

 【ことば】ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ) 大阪市に2001年3月に開業したテーマパーク。一時は子どもが楽しむエリアが少なかったことなどから来場者が低迷。親子向けエリア「ユニバーサル・ワンダーランド」、「ハリー・ポッター」エリアのオープンなどで人気が回復。15年2月時点で14年度の来場者数が開業初年度の1102万人を上回り13年ぶりに記録を更新した。運営会社ユー・エス・ジェイは、アジアと国内に新たなテーマパークを建設する方針。