沖縄ツーリスト(東良和会長)は29日、沖縄タイムス社が提供する「新聞の読み方講座」を、豊見城市の沖縄ツーリスト豊崎ビルで開いた。入社3年以内の若手社員ら27人が、短時間で効率的に新聞を読む方法などを学んだ。

真剣な表情で新聞を読む受講者ら=29日、豊見城市・沖縄ツーリスト豊崎ビル

 受講者は、タイムス読者局企画管理部の吉田央NIB担当から見出しや前文などの記事構成の説明を受けた。吉田担当は「仕事に必要な情報を得るため、効率よく継続的に新聞を読んでほしい」と助言した。

 また、編集局政経部の平島夏実記者が、入域観光客数の集計方法や沖縄観光の現状などを説明した。

 宜野湾・中部支店の森山健太さん(23)は「今後は要点を押さえた読み方で情報を得たい」と話した。国内企画室の宮城直子さん(24)は「お客さまとの会話の中で新聞記事の話題がでるので、効率的な読み方が学べてよかった」と喜んだ。