春の訪れを告げる風物詩、ヒジキ漁が始まっている。好天に恵まれた18日、与那原町の当添漁港近くの海岸で干潮時に漁業関係者が鎌を片手に刈り取り、日差しにきらめく海の幸をせわしなく岩場に積み上げていた。

岩場に生えるヒジキを刈り取る漁業関係者=18日午前11時30分ごろ、与那原町・当添漁協近くの海岸(松田興平撮影)

 与那原・西原町漁協によると、ことしは成長ぶりが良く、昨年より10トン以上多い、約70トンの収穫量を見込んでいる。例年、5月中旬まで収穫する。