【宮古島】パラダイスプラン(本社・宮古島市平良久貝)は7日から炭酸飲料「宮古島サイダー雪塩味」(200ミリリットル、税込み250円)の島内販売を始めた。同社は商品のシリーズ化を目指しており、ご当地サイダーとして売り出していく。

ご当地サイダーの販売開始をPRした西里長治社長(左)ら=宮古島市平良久貝

 サイダーは同社の「島の駅みやこ」や一部の土産屋、ホテル、コンビニなどで島内限定で販売する。雪塩入りの炭酸飲料で、「後味はすっきりで甘ったるさもない」(担当者)飲料に仕上げた。

 「宮古島をキーワードに多くの商品化を進めていきたい」と同社の西里長治社長。担当者は「塩味が効いており、飲むことで宮古島の海を感じてほしい」と話した。

 今後、同社は市内飲食店などでもサイダーを飲めるようにしていきたいという。