政府と宜野湾市は1日、米軍普天間飛行場東側の一部土地の返還式典を宜野湾市内で開く。7月31日付で返還された土地は、フェンス沿いの約4ヘクタールで、同飛行場全体の約0・8%。県や宜野湾市は早期の全面返還を求めているが、名護市辺野古の新基地建設を巡り県と政府は激しく対立しており、見通しは立っていない。