三菱東京UFJ銀行の高原哲次長、小倉一敏調査役、木村裕之調査役が27日、沖縄タイムス社を訪れた。政府が推進し、同行も各地域で普及に取り組んでいる「生涯活躍のまち」構想を紹介した。 同構想は、高齢者が医療や介護サービスを受けられ、生きがいや働きがいを持って生活できる地域づくりを目指している。