県立博物館・美術館で開催中の「安次富長昭展−光・風・土への憧憬」に関連したシンポジウムが8日、同館の講堂で開かれた。 安次富長昭さんの息子で、多摩美術大教授の安次富隆さん、デザイナーの金城博之さん、画家で民俗学者の石垣博孝さんが登壇して、意見を交わした。