「女性が輝く社会」が叫ばれる中、家事や育児を1人でこなすワーキングマザーの苦悩を伝える「ワンオペ育児」(毎日新聞出版)が刊行された。自身も息子を育てながら研究に取り組む明治大商学部の藤田結子教授(社会学)が首都圏の母親を取材し、理想の陰にある現実を描き出した。