県教育委員会は19日、県立高校2次募集の初回志願状況を発表した。全日制・定時制合わせて1937人の定員に対し、1257人が志願し、倍率は0・65倍(前年度比0・02ポイント減)だった。(7面に初回志願状況の表)

 志願者数の内訳は、全日制1107人(志願倍率0・66倍)、定時制150人(0・56倍)。志願倍率の最も高い学校は、小禄普通科芸術教養コース2・60倍、美来工科電子システム科2・00倍、北中城普通科と首里東普通科の1・79倍、泊午前普通科1・51倍。

 志願変更は20日午前9時から午後4時まで。最終志願状況は同日午後9時以降、県教委のホームページで発表する。21日付の沖縄タイムスにも掲載する。

 合格発表は26日午前9時に各校で行われる。