9秒でまるわかり!

  • 沖縄経済は好調な観光や人口増加に支えられ「回復」から「拡大」へ
  • バブル期を超える情勢と判断、総合事務局が26年前を上回る評価
  • 那覇空港滑走路整備や浦添西海岸開発など先行きの明るさも考慮

 沖縄総合事務局財務部は1日発表した7月期の管内経済情勢報告で、観光の好調ぶりや個人消費の堅調さを評価し、県経済の総括判断を従来の「着実に回復している」から「拡大している」に上方修正した。