【南東北総体取材班】全国高校総合体育大会「はばたけ世界へ 南東北総体2017」第6日の2日、山形県の三友エンジニア体育文化センターで行われたレスリング男子個人で120キロ級の仲里優力(北部農林3年)が初優勝した。仲里は準々決勝で奥村(滋賀・栗東)を、準決勝でアビド(千葉・日体大柏)を破って決勝に進出。決勝は武藤(大分・日本文理大付)に3―1で競り勝った。県勢の優勝は今大会第1号。

レスリング男子個人120キロ級決勝 判定勝ちで優勝した北部農林の仲里優力(右)=山形県上山市・三友エンジニア体育文化センター

レスリング男子個人120キロ級決勝 判定勝ちで優勝した北部農林の仲里優力=山形県上山市・三友エンジニア体育文化センター

レスリング男子個人120キロ級決勝 判定勝ちで優勝した北部農林の仲里優力(右)=山形県上山市・三友エンジニア体育文化センター レスリング男子個人120キロ級決勝 判定勝ちで優勝した北部農林の仲里優力=山形県上山市・三友エンジニア体育文化センター

 55キロ級の徳比嘉二仁(南風原2年)は準々決勝で大橋(長野・上田西)に勝って準決勝に進出。優勝した服部(千葉・日体大柏)に敗れて3位だった。