気象監視システムで国内シェアトップで那覇市出身の柴嵜淳氏が代表を務めるレキオスソフト(東京)が、海外展開に力を入れている。2013年に台湾に現地法人を設置。台湾政府気象局や高雄市と交渉を始めた。米国、インドネシアへの進出も計画しており、国際的にも優れている日本の気象システムを諸外国に売り込む。