20日午後3時25分ごろ、宮古島市上野新里の商店に刃物のようなものを持った男が押し入り、女性店主(79)を脅してレジを開けさせ、現金約1万5千円を奪って逃走した。宮古島署によると、店内に居たのは店主1人で客は無く、けが人はいない。同署が強盗事件として逃げた男の行方を追っている。

 同署の調べによると、男は20~30代で、黒いサングラスを着用。刃物を持って店内に押し入り「金を出せ」「レジを開けろ」などと店主を脅し、レジの中から現金を奪って逃げた。店主自らの通報で発覚した。

 現場は、市街地から車で約30分ほどにある農村地域。国道沿いで日中は、車の通行は多いが、人通りは少ない。また、小中学校の児童・生徒の通学路にもあたり、上野小学校は校内に残る児童を保護者に迎えてもらう措置をとった。同校の上里雅章校長は「犯人は刃物を持ったまま。捕まるまでは子どもたちを1人で出歩かせないなど対策を検討したい」と話した。