沖縄県内最大の美術・工芸公募展「第67回沖展」(主催・沖縄タイムス社、協力・浦添市、浦添市教育委員会、協賛・オリオンビール、沖縄教育出版、大川、沖縄食糧、かりゆし)が21日、浦添市民体育館で開幕する。4月5日まで。

開幕に向け、作品展示作業が大詰めを迎えた沖展会場=20日午後、浦添市民体育館

 絵画、版画、彫刻、グラフィックデザイン、書芸、写真、工芸(陶芸、漆芸、染色、織物、ガラス、木工芸)の7部門12ジャンルの美術作品を展示。春を彩る美の祭典には入賞・入選作品のほか、会員、準会員の作品計825点が一堂にそろう。