南風原は延長10回、それまで散発3安打に抑え込まれていた八重山の名嘉真敦希からヒット2本で決勝の1点をもぎ取った。 先頭は、この日2安打と唯一当たっていた4番仲村渠広哉。「4番の自覚を持って打席に入った」と、狙い球の直球を左越え二塁打。