県立病院の当直医師らへの時間外勤務手当ての未払い賃金に関し、県病院事業局が支払い方針を決めたことで、違法状態の解消には一定のめどがついた。同局は今後、医師個人への支払額の確定など支払い作業を進める。