若手クラシック演奏家の登竜門「第21回おきでんシュガーホール新人演奏会」オーディション(主催・南城市、沖縄電力、沖縄タイムス社)は22日、南城市の同ホールで2日間の日程を終え、チェロを演奏した東京芸術大2年の藤原秀章さん(20)がグランプリに輝いた。優秀賞には県立芸術大学大学院生でソプラノの北園あかねさん(24)と、神奈川県のピアノ奏者・宮永霞さん(24)=宜野湾市出身=が決まった。入選は7人。藤原さんと同級生でピアノ伴奏を務めたリード・希亜奈さん(20)が共演者賞を受賞した。

 藤原さんは「弦楽器だけではなく、ピアノや声楽など全てを対象とした審査から選ばれ驚いた」と喜んだ。藤原さんの姉・晶世さんは昨年度のグランプリ受賞者で、きょうだいのグランプリ受賞は同演奏会初。

 入賞者は5月24日午後3時から、同ホールで開かれる新人演奏会に出演する。問い合わせは同ホール、電話098(947)1100。

 入選者は次の通り。(敬称略)

 北康乃(オーボエ)▽根間千明(フルート)▽山里優子(ホルン)▽飯野智大、儀間実柚(以上マリンバ)▽吉田千花、迫香緒里(以上ピアノ)