非常に強い台風5号は3日午前9時現在、勢力を維持したまま日本の南海上を時速15キロで北北西に進んでいる。沖縄気象台によると、大東島地方は3日夜遅くから風速15メートル以上の強風となり、最接近する4日にかけ強い風が吹く見込み。沖縄本島地方は進路等によっては5日から6日に暴風となるおそれがある。

台風5号(3日9時10分現在、ひまわり8号リアルタイムwebから)

台風5号(3日9時現在、気象庁HPから)

台風5号(3日9時10分現在、ひまわり8号リアルタイムwebから) 台風5号(3日9時現在、気象庁HPから)

 中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径110キロ以内は風速25メートル以上の暴風域になっている。同気象台によると、台風の目がくっきり現れており、勢力は非常に強く、同心円状に雲が広がっているという。

 海上は、大東島地方が3日夜から、沖縄本島地方が4日から大しけとなる見込み。台風の影響で、マリックスラインが運航するクイーンコーラル8は3日の那覇発(奄美諸島経由)鹿児島行きの欠航を決めた。