2017年(平成29年) 8月24日

1935沖縄 よみがえる古里

【イザイホー】久高島に向けられた好奇の視線

 久高島の御殿庭(ウドゥンミャー)で1935年のお宮「神アサギ」が写る1枚。琉球開びゃくの聖地と伝わる島で12年に1度、うま年に開かれる祭事「イザイホー」の舞台となる場所だ。

久高島の「イザイホー」の場、御殿庭(ウドゥンミャー)にあるお宮「神アサギ」。島の祭祀に詳しい琉球大学教授の赤嶺政信さん(63)=民俗学=は「祭事の前には周りの草を刈るため、写真ほど伸びることはない」と語る。大阪朝日新聞の「海洋ニッポン」(1935年7月13~22日)連載よりも前で、祭事の間が空いて草が茂る時期であることから、大阪朝日新聞の記者が訪れた時期を「35年5月ごろだったのでは」とみている(写真は朝日新聞社提供)

1978年のイザイホー4日目「グゥキマーイの踊り」。神アサギ(奧)は、アダンの葉で覆われている。本祭りは旧暦11月15日から4日間。『神々の古層(5)主婦が神になる刻 イザイホー(久高島)』(比嘉康雄、1990年)の主祭場略図には「見物人・取材者席」が見える。78年は人口400人足らずの島を千人以上が訪れたという証言もある

久高島の「イザイホー」の場、御殿庭(ウドゥンミャー)にあるお宮「神アサギ」。島の祭祀に詳しい琉球大学教授の赤嶺政信さん(63)=民俗学=は「祭事の前には周りの草を刈るため、写真ほど伸びることはない」と語る。大阪朝日新聞の「海洋ニッポン」(1935年7月13~22日)連載よりも前で、祭事の間が空いて草が茂る時期であることから、大阪朝日新聞の記者が訪れた時期を「35年5月ごろだったのでは」とみている(写真は朝日新聞社提供) 1978年のイザイホー4日目「グゥキマーイの踊り」。神アサギ(奧)は、アダンの葉で覆われている。本祭りは旧暦11月15日から4日間。『神々の古層(5)主婦が神になる刻 イザイホー(久高島)』(比嘉康雄、1990年)の主祭場略図には「見物人・取材者席」が見える。78年は人口400人足らずの島を千人以上が訪れたという証言もある

 大阪朝日新聞は、このカットを使った連載「海洋ニッポン」第9回(同年7月21日)で、イザイホーについて「女護ヶ島に残る 奇習“貞操試験”」と見出しを立てている。祭事の中で、女性が夫を裏切ったかどうかが分かる-ということが記事には書いてある。

 「確かに言い伝えはある。でも、そんな人は知らないし、祭りの全部を言い当ててもいない。取材した人には本当の意味は伝わっていなかった」。イザイホーに加わったことのある福治洋子さん(77)=南城市知念久高=は首をかしげる。

 「本当の意味」は、島で生まれた30~41歳の女性が祭りを通じて祭祀(さいし)集団に入り、家族の守り神のような存在になること。福治さんは参加した時を「無我夢中で、よく覚えていない。それぐらい懸命になるほど、大切なお祭り」と話した。

   ◇    ◇

 イザイホーは42年、歴史学者の鳥越憲三郎(1914~2007)の調査後、全国的に関心が広まった。内間新三さん(89)=同=は同年、「40歳だった母たちが出たのを見ていた」。

 後に沖縄本島との定期船運航を担い1966、78年の2回では多くの乗客を運び、宿が足りないためあぶれた人たちを家に泊めた。

 「忙し過ぎ、祭場に行く余裕はなかった。最後のは全く見ていない」

 島の外からのまなざしは、祭りと島の人々の距離感を変えたところもあった。イザイホーは78年を最後に、後継者不足で開かれていない。(「1935沖縄」取材班・堀川幸太郎)

 掲載写真についての情報や、戦前の写真をお持ちの方は連絡をお寄せください。電話098(860)3553、メールokinawa1935@okinawatimes.co.jp

写真集「沖縄1935」発売

 戦火に包まれる前の沖縄がよみがえります。待望の写真集が朝日新聞出版社から全国販売。「糸満」「那覇」「久高島」「古謝」と地域ごとに章立てされ、82年前の人々の生き生きとした様子が鮮明なモノクロ写真で紹介されています。

 ■朝日新聞出版社

 ■A4判変型

 ■1,800円(税抜)

  全国の書店のほか、大手通販サイトamazon等でも購入できます。

写真集 沖縄1935
写真集 沖縄1935
posted with amazlet at 17.08.08

朝日新聞出版 (2017-07-31)
売り上げランキング: 550

あわせて読みたい

関連リンク

1935沖縄 よみがえる古里のバックナンバー

連載

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間