「気が抜けたところで走り負けた」。リードを守れず、優勝を逃した浦西の田仲康太郎は悔しがった。 前後半ともに立ち上がりは好調に得点を重ねるも、終盤に隙を突かれた。GK稲嶺光泰は「接戦で緊張してしまった。集中力が足りなかった」と肩を落とした。