【糸満】糸満市伊原のひめゆり平和祈念資料館は22日、修学旅行生らを対象に約25年間続けてきた「元ひめゆり学徒(証言員)の戦争体験講話」を終了した。証言員9人が86歳以上と高齢で、体力面の負担を減らすための決定。館内での証言活動は体調に応じて継続するが、4月からの講話は資料館職員にバトンタッチする。島袋淑子館長(87)は「平和が続くように祈りを込めて伝え続けてきた。心残りはない」と語った。

修学旅行の高校生に自身の戦争体験を語る島袋淑子館長=22日午前、糸満市・ひめゆり平和祈念資料館

 22日は、島袋さんが研修旅行で訪れた県立神奈川総合産業高校2年生146人に約1時間、戦争体験を話した。たくさんの日本兵や友人の死に接した悲惨な過去を振り返り「友人を助けられなかったことが忘れられない」と声を震わせた。「戦争は人が起こすもの。だから止められる。戦争の準備が始まる前に『絶対に駄目です』と言い続けて止めてください」と訴え掛けた。

 講話を聞いた男子生徒(17)は「生の声を聞き、言葉にならない恐怖を感じた。多くの人に聞いてもらいたいので、講話が終わるのは残念」と感想を話した。

 資料館は1989年に開館。その後、元ひめゆり学徒たちは資料館を拠点に、自らの戦争体験を語り続けてきた。当初27人いた証言員は現在9人。館内講話は年間平均300回以上あり、修学旅行シーズンの10~12月にかけては、1日に3回以上あった。2013年9月には、修学旅行生らを対象にした証言員派遣事業・館外講話(年間平均約500回)を終了させた。

 04年には、元学徒たちの戦争体験を次世代へ継承するため、資料館で証言映像の上映を開始。翌年には、説明員を採用し後継者育成に取り組んだ。4月からは修学旅行生や団体客向けの「職員による平和講話」を始める。

 資料館学芸課長の普天間朝佳さん(55)は「不安もあるが、『二度と戦争を起こしていけない』という元学徒たちの思いを職員一同受け継ぎ、多くの人たちに戦争の悲惨さを伝え続けていきたい」と決意を述べた。

 資料館の入館者は年間平均約79万人。14年8月に2千万人を突破したが、近年は減少傾向という。