非常に強い台風5号は2日、勢力を維持したまま日本の南海上をゆっくりとした速さで北西に進んだ。沖縄気象台によると、大東島地方は3日夜から風速15メートル以上の強風となり、最接近の4日は進路次第で風速25メートル以上の暴風となる可能性がある。沖縄本島地方には5日に最接近する見通し。