【名護】名護市辺野古への新基地建設をめぐって抗議行動が続いている米軍キャンプ・シュワブゲート前で23日午前、翁長雄志知事ら県三役が午後からの会見で岩礁破砕取り消しも視野においた手続きを説明するとみられるとの報道を受け、座り込みをしていた約60人が「待ちに待った朗報だ」と喜んだ。

名護市辺野古の新基地建設で、岩礁破砕取り消しへ向けた手続きについて会見が開かれるとの報道を受けカチャーシーで喜ぶ人たち=23日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 沖縄平和運動センターの山城博治議長は「テント村の声が県庁に届いたかもしれない。知事、県政の決意をたたえよう」と話した。