南東北総体で2日、県勢優勝第1号になったレスリング男子個人120キロ級の仲里優力(ゆうり)選手(17)の両親は、山形県の会場で息子の勇姿を見守った。(1面参照) この日は父親・孝文さんの44歳の誕生日。仲里選手は「大会で誕生日のことは忘れていたけど、格好良いところを見せることができたかな」と笑う。