県内は2日、太平洋高気圧に覆われ、各地で気温が上昇した。最高気温は久米島空港で35・3度、うるま市の宮城島で34・8度と、それぞれの地点の観測史上最高を記録した。南城市の糸数は34・1度で今年の最高となり、南大東空港は33・5度で8月の観測史上最高を記録した。