熱中症患者が後を絶たない。中でも建設工事現場などの「屋外作業」での搬送が多くを占める。工事現場では、氷を常備したりファン付き作業服を配ったりと、あの手この手で対策をしている。(1面参照) 那覇市泉崎のバスターミナル跡地で進む再開発事業の建設現場。