沖縄セルラー電話(那覇市、北川洋社長)が23日、豊見城市嘉数に新設する通信局舎とみぐすくネットワークセンターの起工式を開いた。南城ネットワークセンターに続く2カ所目の整備で、拠点分散による災害対応や今後予想されるデータ通信量の増大に備える。2016年3月の運用開始を予定。

とみぐすくネットワークセンターの完成イメージ図(沖縄セルラー電話提供)

 センターは、3382平方メートルの敷地に鉄骨鉄筋コンクリート3階建て、延べ床面積4132平方メートル。電話交換機や伝送装置、メールやインターネット用のサーバーなどを整備し、2系統で受電設備と非常用発電装置も設置する。総工費は25億円。

 同社によると現在、同社と契約している携帯電話数は62万台を超えており、そのうち約半数がスマートフォンという。沖縄の規模でネットワークセンター2拠点の整備は全国でもトップクラスのリスク対応という。

 起工式には関係者ら90人が訪れ、工事の安全を祈願。北川社長は「ネットワークの安定稼働と信頼性向上を目的に建設する」と述べ、関係者に感謝し、工事の無事故を願った。