翁長雄志知事は、名護市辺野古沿岸の海底面の現状を変更するすべての作業を30日までに停止するよう沖縄防衛局に指示した。県の許可した区域外でサンゴ礁を破壊した可能性が高いと指摘しているにもかかわらず、県の調査に協力しない態度に不満を募らせた。翁長氏は「腹を決めた」と力を込める。