【名護】県が沖縄防衛局に海上作業の停止を指示した23日、名護市の稲嶺進市長は市役所で記者会見し、翁長雄志知事の判断を「やっと、とうとうここまで来たか」と評価した。国には「法の範囲で知事権限を行使するわけで、これに従わないのは法治国家としてどうなのか」と“法治国家”を掲げて県を批判する国を意識して応酬。指示に従わなければ、岩礁破砕許可の取り消しは「至極当然のことだ」と述べた。

「知事を信用して支援を強くしていくべき」と話す稲嶺進名護市長=23日、名護市役所

 知事の判断について「行政の手続きは行き当たりばったりではできない。整合性を取る作業が必要だと思う。時間はかかっているが、その分説得力のある内容になってくると思う」と評価。「知事はぶれていない。信用して支援を強くしていくべきではないか」と強調した。

 「粛々と進める」とした国に対しては「自分たちに都合のいいところだけを取り出して『粛々と』と言っているが、状況や環境が変わったということを加味すべきだ」と求めた。その上で、「埋め立て承認の取り消しというところまで行くのではないか」と述べた。