【東京】中谷元・防衛相は24日午前の閣議後会見で、翁長雄志知事が辺野古新基地に向けた海上作業の停止を指示したことに対し、「これまでの県との話し合いや合意は非常に大事だ。何の瑕疵(かし)があったとも思っておらず、計画を進めたい」と述べ、指示には応じない意向をあらためて示した。

 中谷氏は、「ここで(計画が)混乱したり白紙になったりすればさらに時間と経費、労力が費やされる」と指摘。「(県に)ご理解いただけるよう普天間基地の位置付け、意義について話をしていきたい」と語った。

 翁長氏との面会については、「日本の安全保障の話はしたいが、政府全体として対応していきたい」と述べるにとどめた。