【東京】山口俊一沖縄担当相は24日の閣議後会見で、名護市辺野古の新基地建設に関して、翁長雄志知事が国による全ての作業停止を求めたことに対し、基本的に辺野古移設を推進する政府の立場だとしつつも「沖縄振興担当としては非常に残念な事態に立ち入ってきたなとの思いがする」と述べ、県と国の対立が深まる状況を懸念した。

 山口氏は、今月末に迫った米軍キャンプ瑞慶覧・西普天間住宅地区の返還など沖縄振興に関する明るい材料が控えていることを挙げ、「いろんな動きが出始める矢先のこと。ちょっと残念な思いがする。しばらくは推移を見守るしかないかなと思っている」として、状況を見ながら双方の橋渡しの役割を果たしたいとの考えを示した。