【東京】河野太郎外相は3日夜の首相官邸での就任記者会見で、県内で日米地位協定の改定を求める要望があることに関して「さまざまな問題は認識している」とした上で、「現実的に実効性のあることをやらなければいけない。どういうやり方がいいのか、しっかり研究したい」との考えを示した。