国の隔離政策と壮絶な差別・偏見に苦しんだハンセン病患者の歴史を刻む、国立療養所沖縄愛楽園(名護市)の「交流会館」が、26日にプレオープンする。当時の様子を伝える証言や年表、再現ジオラマなどの資料展示や、講演会やシンポジウムなどが可能なホールも備え、次世代への発信拠点を目指す。