【東京】3日に沖縄担当相を退任した鶴保庸介氏は、内閣府で会見し、沖縄振興策を考える上で、必要があれば、政府が決意を持って米側と交渉するよう強調した。 「振興(予算)額と基地問題はリンクしない。振興策と基地問題はリンクしている。