気象庁によると、強い台風5号は4日午後5時現在、奄美大島の東約180キロにあって、ほとんど停滞している。動きが遅いため、台風の影響が長く続く見込み。5日にかけて強い勢力を維持したまま九州南部・奄美地方に接近する恐れがある。気象庁は暴風や高波、低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼び掛けている。

ひまわり8号リアルタイムwebがとらえた4日午後5時30分現在の台風5号

台風5号の進路予想図(気象庁HPから)

ひまわり8号リアルタイムwebがとらえた4日午後5時30分現在の台風5号 台風5号の進路予想図(気象庁HPから)

 6日は進路を北よりに変えて、同日夜には九州にかなり接近する見込み。

 九州南部・奄美地方では、海上を中心に非常に強い風が吹き、海は猛烈なしけとなっている。奄美地方で予想される最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。九州南部は最大風速35メートル、最大瞬間風速50メートル。

 5日にかけて予想される波の高さは、奄美地方10メートル、九州南部9メートル、沖縄地方6メートルとなっており、6日にかけて暴風やうねりを伴った高波に厳重な警戒が必要。

 また、5日にかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込み。5日18時までの24時間に予想される雨量は、多いところで九州南部・奄美地方が400ミリ、四国・東海地方が150ミリ、九州北部地方120ミリ。【沖縄タイムス+プラス編集部】