「利用者の企業への就職が増えるほど、事業所の運営が赤字になる。実績を上げる事業所が立ちゆかなくなるのは本末転倒ではないか」。那覇市委託の障害者就労センター「さわやか」を運営する中原弘道所長は、「障害者就労移行支援事業」の制度上の矛盾を指摘する。